個人指導塾で苦手分野を克服【学習システムを徹底解説】

男子生徒

塾とそのスタイル

個別指導塾は、個別に指導してもらえるため理解度に応じた学習ができより効果が高いということがある。一方、家庭教師に比べ低料金で利用できることも特徴である。苦手分野を把握し、集中的に教えてもらうことができる。

詳しく見る

教材

塾の新しいスタイル

個別指導塾は集団授業のような、講師が一方的に授業を進め、質問する生徒もいつも同じというようなことはありません。授業内容は生徒に合わせてオーダーメイドで作られるからです。また生徒も講師1人に対して3人から5人程度ですから、目が届きますし、質問もしやすいのです。この柔軟性こそが個別指導塾の特徴なのです。

詳しく見る

女子学生

費用は高め

個別指導塾は集団指導塾に比べて費用が高いという特徴があります。3〜6倍もする傾向がありますが、その分学習効果は出やすいという特徴もあります。そのため目的を考慮するのならば一つの選択肢といえます。苦手科目に絞るなどすると費用も浮かせられます。

詳しく見る

先生と生徒

上手な学習塾の選び方

学習塾の中で人気なのが個別指導塾です。講師と生徒がマンツーマンで学習するので、成績向上が期待できます。色々な個別指導塾がありますが、選ぶ時には講師がコロコロ変わらない所を選びます。最低でも1年間の面倒を見てくれる講師がいる塾を選びます。春休みや夏休みには苦手教科の復讐をしてくれる塾もおすすめです。

詳しく見る

勉強道具

試験に向けた学習法

入試や定期試験に向けて、出題範囲を徹底的に学びたいときに役立つのは、個別指導塾のテスト向けの学習プランです。入学時に時間割を決めることも重要ですが、学力別に最適な教材を選び、家庭と個別指導塾の役割分担も行うことが大切です。

詳しく見る

合理的な勉強方法

生徒

学習システムの概要

生徒2名に対して一人の先生が、問題演習の指示と解き方の解説を行うのが、最もスタンダードな個別指導塾の学習システムです。そのために新しい単元の内容を学びながら、効率的に問題演習も行えるので、短時間でも大きな学力アップが期待できるでしょう。しかし個別指導塾には様々なコースが設置されているので、日常的な補習や高校入試に向けた学習など、目的別に上手に使いこなすべきです。特に小学校や中学校の教科書レベルの内容を、じっくりと学びたい人に適しているのは、ワークブックやプリントを活用した補習指導のコースです。計算練習や英文の書き換えトレーニングの時間も十分に確保できるので、補習指導のコースを受講すると、学校の授業の理解度も高まるでしょう。一方で問題の解法を丁寧に教えてもらいたいときに役立つのは、個別指導塾のオリジナル教材を活用した、マンツーマンの指導です。マンツーマン指導のコースの授業料は、月額3万円から5万円が相場ですが、中学入試の算数や医学部入試の理系科目をじっくりと学びたいときにも便利です。週に1回から2回のペースで受講するのが、最も一般的な個別指導塾の活用法ですが、夏休みなどに集中して学習することも可能です。夏期講習であれば1日当たり5時間以上指導を受けることも容易なので、苦手科目にターゲットを絞って、基本からやり直したいときにも役立つでしょう。学習状況に合わせてカリキュラムを定期的に見直すのが、個別指導塾を上手に利用して、学力を高めるためのポイントです。