AGAの治療法もどんどん進化しています

コンプレックス

医師と話す患者

長らく薄毛対策の方法は発毛剤や育毛シャンプー、そして育毛サプリメントなどを利用するのが定番となっていました。
しかしながらこれらの対策方法で薄毛が改善されたという例は少なく、それどころか進行が止まらかったという方も珍しくないようです。
薄毛対策をする際には効果を実感したいとお考えの方が殆どかと思われますが、そんな方にピッタリなのが専門治療です。
医療機関で受けられる治療は医学的に効果が実証されていますので、発毛剤などとは別次元の効果を実感できると言われています。
実際に治療を受けられた方の中には発毛が確認された方もいると言われており、しかもその数は決して少なくありません。
90%以上の方に抜け毛が止まるなどの効果が現れていますので、効果の高さを伺い知る事ができます。

ではどんな治療法によって薄毛の改善を目指すのかについてですが、トレンドとなっているのが2つのお薬を利用する事です。
それは内服薬と外用薬であり、双方を活用するのが現在の主流です。
医療機関で薄毛治療を受ける際にもこれらのお薬を処方される事が大半ですので、定番とも言える治療法と言えます。
ただし、お薬を利用した場合でも短期間で効果が見える訳ではありません。
発毛させる為には長い時間が必要ですので、数年間は対策を続けてみる必要があると言われています。
また、最低でも6ヶ月間は継続して様子を見る事が大切です。
この期間というのはヘアサイクルの一連の流れに掛かる時間ですが、まずはワンサイクルは継続しないと効果の有無の確認が難しいのです。