個人指導塾で苦手分野を克服【学習システムを徹底解説】

上手な学習塾の選び方

先生と生徒

講師が頻繁に変わらない

学習塾の選び方によって成績の上がり方が変わります。選び方に失敗すると成績の向上が見られず、子供が塾嫌いになってしまう恐れがあります。学習塾にも色々なタイプがありますが、人気なのが個別指導塾です。講師と生徒が1対1のマンツーマンで学習する塾です。最低でも先生1人につき生徒3人ぐらいまで教えるのを個別指導塾といいます。個別指導塾もたくさんありますが、選ぶ時のポイントがあります。その1つが講師がコロコロと変わらないところです。講師が頻繁に変わると、生徒とのつながりが断ち切られてしまって信頼感がなくなります。そういう状況ではいくらマンツーマンでも生徒のモチベーションが下がってしまいます。講師が1年間は生徒の面倒を見てくれる個別指導塾を選ぶようにします。もう1つのポイントは春休みや夏休みなどの長期休暇の間に、生徒の苦手教科を復習してくれる個別指導塾を選ぶことです。長期休暇の間は授業がないので復習に最適です。この期間に苦手を克服してくれる個別指導塾はおすすめです。入塾する前に長期休暇の間のカリキュラムについて確認することが大事です。テストの前には無料でテスト対策をしてくれる個別指導塾がありますが、そのような塾を選ぶのも大切なポイントになります。講師が無料でテスト対策の授業をしてくれる学習塾は、それだけ熱心である証拠です。このような個別指導塾を選べば子供の成績を上げることができますし、勉強が好きになります。