個人指導塾で苦手分野を克服【学習システムを徹底解説】

塾の新しいスタイル

教材

強みと弱み

個別指導塾とは講師1人に対して生徒が3から5人といった形式で授業をする塾のことです。一般的な塾と違い授業内容が決まっている訳ではなく、オーダーメイドのものが多いのが特徴です。集団授業の場合、内容とカリキュラムが決まっているので生徒の理解度と内容が合わない事もありますが、個別指導塾であれば時間や期間、授業回数の制約がない事で講師の裁量によるカリキュラムが提示できます。また、学校のクラブ活動との兼ね合いも柔軟に対応ができます。個別指導塾の場合、生徒が少ないため分からない点は何度でも質問できますし、質問が恥ずかしいと思う生徒には気軽に質問ができる雰囲気なのです。生徒数が限られるのでサボって塾に行かないなども見られず、緊張感を持って授業に参加でます。さらに全国模試などにも対応できるので自分の熟達度もチェックができ、ライバル意識を持て、受験勉強でくじけそうな時も支えになり得るのです。だた一方で注意点もあります。個別指導塾は講師の数に限りがあるために、アルバイトで学生を使う所もあることです。つまり講師側のモラルが問題になるのです。また少数精鋭の個別指導塾は講師と生徒の関係が大切です。人間関係で生徒が塾を辞めるような事が無いように塾側がフォローしているかも確認して、塾選びをしたいものです。最後に、個別指導塾の最大の強みは何と言っても柔軟性です。授業内容に講師と生徒のズレが生じれば、臨機応変に修正も可能です。個別指導塾の良い点、悪い点も考慮してそれぞれにあった個別指導塾を探しましょう。